トップ > 切開法

切開法にて【タトゥー除去/刺青除去/入れ墨除去】をする

切開法【タトゥー/刺青/入れ墨/】除去

切開除去法 刺青切除法は刺青(タトゥー/刺青/入れ墨)部分の皮膚を切り取って除去し、形成外科・美容外科の技術で縫合する方法です。
縫合した部分に傷跡が残りますが、色や濃さに関係なく完璧に刺青(イレズミ、いれずみ、入れ墨、タトゥー)がなくなります。

 

切開法の特徴【タトゥー/刺青/入れ墨/】除去

1. 1回の手術で入れ墨を消すことができる

一度の治療でタトゥー/刺青/入れ墨を消すことができるといってもタトゥー/刺青/入れ墨の大きさなどによっても手術の回数はちがってきますが、切開法では、切開した傷跡は残ることになりますが、入れ墨は全く残すことなく消すことができます。

2. 短時間での治療が出来る

切開法を選ぶ場合には、できるだけ早くタトゥー/刺青/入れ墨を消したいということもあります。
タトゥー/刺青/入れ墨を除去したい理由としては、結婚、出産、就職、また、若気の至りで入れてしまった当時付き合ったいた人とのペアのタトゥー/刺青/入れ墨だけど別れたから早く除去したいなど色々なものがありますが...
できるだけ時間を空けずにタトゥー/刺青/入れ墨を除去したいという時には、切開法が期間的には早いのでオススメな方法となります。

3. 痛みがない

タトゥー/刺青/入れ墨除去の切開法は局所麻酔を行うため痛みをほとんど感じず治療を完了する事が可能です。

その他にYAGレーザー法・剥削法・皮膚移植法なども行っております。